UNION AGORA|湘南自治会設立承認投票ポータルサイト

投票は
こちら

お知らせ

湘南自治会設立承認投票は終了しました。
ご協力ありがとうございました!
2021年7月3日から10日にかけて行われた投票の結果、
湘南自治会の設立は承認されました。

投票結果

有効投票総数:235票(うち学部生214票)
賛成:221票(うち学部生201票)
反対:14票(うち学部生13票)
有効投票総数の過半数及び学部生による
有効投票数の過半数が賛成であったため、
湘南自治会の設立は承認されました。

選挙管理委員会による
正式発表はこちら

-投票について-

湘南自治会を創るか創らないか、
すべてのSFC生に意思を問います。

#投票の概要とルール
名称

湘南自治会設立承認投票

投票命題

「湘南自治会」の設立を承認するか否認するか

告示日

2021年6月12日(土)

投票期間

2021年7月3日(土)0:00から7月10日(土)23:59(8日間、いずれも日本時間)

投票方法

全塾協議会選挙管理委員会のサイト上で投票。投票ボタンでCNSメールから賛否を送信(詳細別記)

有権者

すべてのSFC生(後述)



【有権者】

すべてのSFC生

  • 総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部に所属する全ての学部生
  • 政策メディア研究科、健康マネジメント研究科に所属する全ての院生(修士、博士問わず)

【投票のルール】

  • 有権者は1人1票の投票権があります。
  • 投票方法に則らない投票は「無効票」と扱われます。
  • 投票全体の過半数が「賛成」であり、かつ学部生による投票の過半数が「賛成」の場合、湘南自治会が設立されます。

【投票ルールに関する補足説明】

有効投票数が0件だった場合は、「投票の過半数が賛成」の条件を満たしません。

その場合、湘南自治会準備会は投票結果が否認多数だったものと仮定して行動します。


自治会設立の要件がルールの通りになった背景は、

①CNSアドレスの仕様により、院生と教職員その他の非有権者を区別する作業に時間がかかる見込みであるから

②全塾協議会の仕組みとして、受益者負担の観点から学部生の賛成多数は必要条件であるから

です。本来は総数の過半数賛成のみで結果処理をしたいところですが、

CNSを用いた選挙は前例がなく、学部生と院生の人数比的に1票の格差が発生する事態は現実的に起こりにくいことから、妥協点としてこのようになりました。

投票はこちら
#投票の概要とルール

〇方法

本件に関して訂正がございます。詳しくはこちらの文書をご参照ください。


投票は、皆さんのCNSメールから「賛成用受信アドレス」「反対用受信アドレス」のいずれかにメールを送信することでできます。

投票用サイト上の「賛成」「反対」それぞれのボタンを押すとメールが開きますので、差出人がCNSメールになっていることを確認の上、そのまま送信してください。

keio.jpアカウントへのログイン等は必要ありません。

なお、本投票では技術的な問題から、選挙管理委員会がメールアドレスと投票内容を照合できる状態の元データにアクセスすることができてしまいます(=厳密な秘密選挙ではない)。そのため、投票時にプライバシーポリシーに同意していただきます。詳しくは投票の注意をご覧ください。


なお、タイトルや本文に記述することができますが、投票結果には影響しません。

準備会や自治会について思うこと、要望、批判などを本文に記入していただくと、送信したアドレスと紐つかない形に加工された上で準備会に届けられます。本文は、引用や紹介のために公開される可能性がありますのでご注意ください。

  • STEP.01アクセス
    全塾協議会選挙管理委員会 「湘南自治会設立承認投票」投票ページにアクセスします。
  • STEP.02トークン発行
    CNSログイン名を記入の上、発行ボタンをクリックしてください。
    (サイト上での手続きは以上となりますが、投票は完了していません。
    引き続きメール送信手続きへと移行します。)
  • STEP.03投票用IDを確認
    CNSメール宛に【湘南自治会設立承認投票】投票トークン発行メールが送信されます。
    メール本文中の投票用IDを確認してください。
  • STEP.04メールを送信
    投票用メールアドレス宛にCNSメールからメールを送信します。賛成用・反対用のアドレスにご自身のCNSアドレスからメールを送信してください。メールはタイトル空白、本文に投票IDを記入してください。

    メール送信をもちまして投票完了となります。ご協力ありがとうございました。

    期間中であれば何度でも再投票することが可能です。再投票の際も上記①〜③の手順を踏むことで投票を行っていただけます。7/10日23:59までに受信したメールのうち、もっとも受信時刻が遅かった一通が有効票となります。

〇注意

  • CNSメール以外で行った投票、有権者以外による投票は、無効票となります。
  • その他、選挙管理委員会の指定する方法によらない投票は無効票と扱われます。
  • 複数回投票した場合は、受信時刻が一番新しいもののみが有効票として扱われます。
  • 選挙管理委員は元データにアクセスすることでCNSアカウント名(デフォルトでは氏名)と投票内容を照合することがシステム的に可能ですが、管理ツール上は不可能であり、投票の有効確認や投票結果、投票統計は氏名と投票内容が照合不可能な形で行う予定です。詳細はプライバシーポリシーをご参照ください
  • 本件に関して訂正がございます。詳しくはこちらの文書をご参照ください。
  • 投票結果は、選挙管理委員会による発表後、当サイトにも掲載されます。
  • 学部/研究科ごと、学年ごと、男女別等の投票統計は、保存され、その一部または全部が公開される可能性があります。その際は、選挙管理委員会が個人の特定を不可能な形に加工し、準備会がこれを保存・公開します。
  • 投票により収集した情報は、結果および統計を個人の特定が不可能な形で保管するほか、投票事務が終了し次第速やかに破棄いたします。

〇投票の結果起こること

投票の結果が「投票全体の過半数が賛成かつ学部生による投票の過半数が賛成」であった場合、必要な手続きの後に「湘南自治会」が、湘南自治会準備会からの改組という形で設立されます。

湘南自治会の目的や憲章、行動計画、執行委員等はコチラをご覧ください。


【6/24 有権者からの質問により追記】上記の結果処理において、「投票」とは有効票を指します。


投票の結果が上の条件を満たさない場合、湘南自治会は設立されません。湘南自治会準備会として活動を継続します。

湘南自治会準備会についてはコチラをご覧ください。

-よくあるお問い合わせ-

FAQはこちら

-お問い合わせはこちら-

お問い合わせフォームはこちら

-投票期間中のイベント案内-

イベントスケジュールはこちら